IT

企業データをクラウド管理

クラウド上で情報を管理する企業も増え、自社で独自のサーバーを持つ必要性が無くなってきました。そして、オンラインストレージを活用する事で、どこからでもデータへアクセスでき、かつ安全な場所で情報を管理する事が出来るでしょう。

詳しく見る

DVD

確実なソフトの入手方法

会社において、DVDをダビングする際は、インターネット上のオーサリングソフトではなく、メーカーが出している有料版のソフトを購入することが、動作を保証できます。その購入方法は、Webサイトで、パスワードを入力し、申し込みすることで、簡単に手に入ります。

詳しく見る

MENU

万が一のデータ消失の対策

男の人

企業ではいろんな業務がITを利用して処理されていますが、その処理結果をハードディスクなどの記憶媒体に保存しています。このデータが消失した場合には、プロのデータ復旧業者に任せることで、安心で安全にデータを取り戻すことができるのです。

詳しく見る

自社保管は古いです

タブレット端末を持つ人

会社が持つ重要なデータは、当然関係者以外に開示することが出来ません。自社サーバでの保管は、セキュリティや災害時対策等で費用が大きくなってしまいがちです。データセンターではそれらの対策も込みで、データの保管を行ってくれます。取扱い業者も増えている為、自社に必要なオプションを持つ業者を選ぶ事も可能です。

詳しく見る

法人の情報を保管する

ネットワーク

法人向けのオンラインストレージは、多数の人間が容量の大きなファイルを共有でき、セキュリティ対策もしっかりしているのが特徴です。また細かいセキュリティの設定など、個人向けより充実した機能が備えられています。

詳しく見る

安定した情報発信方法とは

IT

事業継続の必要性とは

インターネット上から情報発信を行っている企業にとって、サーバーの環境構築や保守管理は、事業継続性を高める上で非常に大事な要素と言えます。独自にサーバーを維持する場合、コンピューターに関する幅広い知識や技術を習得した技術者の確保や育成を行ったり、最新のハードウェアや通信回線を確保する為のインフラ整備を行ったりする必要があります。その為、コスト面で効率化を図る必要性が企業内で高まって来ています。そこで、この検討課題を解決させる手段の一つとして挙げられるのが、データセンターの活用です。データセンターの最大の魅力は、企業内でサーバーを維持する必要が無く、外部でサーバーを稼働させることが出来るということです。また、データセンターは、国内や国外を問わず、様々な場所でサービスを展開していますので、各企業の事業内容や利用条件に応じて、柔軟に選び出すことが可能です。基本的に、データセンターは、セキュリティ面や立地面において十分に配慮されていますので、情報漏洩や大規模災害による被害を最小限に食い止めることが出来ます。このことから、事業継続性を高めたい企業にとって、様々な危険回避に大きなメリットを得られます。このように、データセンターを活用することで、本来の事業に集中出来るだけでなく、サーバー構築に関しては、情報発信に必要な環境を整えることに注力出来ますので、企業内で独自にサーバーを維持するよりも大幅にコストダウンを図れます。