病気を撃退して健康を取り戻そう│問題解決ヘルスケア

メスいらずな治療もある

保存的治療

下肢静脈瘤は四種類の症状に分ける事が出来ます。そして治療方法は四種類の症状によって異なります。基本的にはメスを入れる手術を行なう方法と、薬を用いる方法になります。しかし下肢静脈瘤の治療方法には、保存的治療と呼ばれる治療方法があります。これはあくまでも、症状がまだ初期段階であったり軽い方であったりする方が対象となる治療方法です。そして下肢静脈瘤の治療で手術を受けた方が術後に行なう治療方法でもあります。もちろんまず始めに行なうべき事といえば、医師の診察のみになります。明らかな下肢静脈瘤の症状が出ているのにも関わらず、医師に診てもらおうともせず自己判断で保存的治療を行なうなんて事は言語道断です。保存的治療は医師の指導の元行いますので、自己判断で行なう物ではありません。ただの予防策ではなく治療です。そこを意識しておくべきです。

保存的治療の種類

医師の指導の元行われる保存的治療の内容ですが、運動とマッサージそして専用のストッキングの着用などになります。やはり病気にはその人の生活習慣がとても関係しており、まずは生活習慣を正すのと同時に運動を積極的に取り入れる事が保存的治療の第一歩です。適度に身体を動かす事で、下肢静脈瘤が発生するふくらはぎやすねに掛かる負担を取り除く事が出来ます。中にはデスクワークである為に、身体を長時間動かす事が出来ない方もいます。そういう方はプチエクササイズや、勤務中であっても行える足のリフレッシュ方法などを医師から伝授してもらえます。そして弾圧ストッキングと呼ばれる、ふくらはぎのポンプ作用を促すストッキングになります。これを着用して生活を送るだけでも大分違います。重度であればそうはいきませんが、軽度の下肢静脈瘤の方であればメスも入れずレーザーも不要そして薬も必要としない治療方法が受けられるのです。何事もまずは医師への相談が肝心です。下肢静脈瘤専門の医院もありますので、もしかしたらと少しでも思ったのであれば赴いてみると良いのです。