MENU

企業データをクラウド管理

IT

いつでもどこでもアクセス

ペーパレスの時代となり、多くの企業で紙ではなくデータで情報を管理する事が増えていますが、データを自社のサーバーで管理する事も多く、容量が増える度にサーバーを増やす等の対応に迫られる事があります。そして自社のサーバーで情報を管理する上で最も重要なのが、データが外部に漏れない様に管理する事です。厳しいセキュリティをかけたり、サーバーを閲覧できるスタッフを制限する等、情報化社会において情報やデータの管理は企業を存続する上で重要なカギともなりえます。そこで、自社のサーバーではなくクラウド上に情報を管理する事で、オンラインストレージを扱う企業による厳重なセキュリティの元データを管理する事が出来る様になりました。オンラインストレージの特徴は、社内だけではなく社外からでもネットに繋がる状況であればいつでもストレージへアクセスする事が出来るメリットがあり、特に外出が多い社員にとっては業務を効率的に進める事にも繋がります。そして、オンラインストレージは膨大なデータの管理にも対応しており、容量が非常に多い特徴もあります。そして外部サービスによる管理がされているため、情報が漏れにくい特徴も備えています。そんなオンラインストレージを展開するサービスは多く、容量やセキュリティの厳重さによってその価格は大きく異なり、自社で必要となる情報量やセキュリティの度合いによってサービスを比較し、社員にとって使いやすいストレージを選択すると良いでしょう。