病気を撃退して健康を取り戻そう│問題解決ヘルスケア

乳がんの検査や治療

乳がん検査をする

日本人はかかりやすい病気と言われているがんですが、中でも乳がんは年々増え続けている病気の1つです。乳がんは、普段の生活の中であまり症状が出ないので、気付くのも遅くなってしまう人が多くいます。乳がんになると胸の部分にしこりが出ると言われているので、胸に気になるしこりが発生しているという人は一度病院に行って乳がん検査を受けるのが良いでしょう。乳がんには様々な検査方法があり、視触診からエコー検査、マンモグラフィなど様々です。病院によって検査方法に若干違いがあるので、事前にホームページなどで確認しておくと良いでしょう。特に女性が発症するとされる乳がんは、検査してもらうのに少し抵抗があるという人であれば、女性医師が滞在している病院を選ぶと良いでしょう。病気を早期発見する為にも早めに検査を受けておくことが大切です。

治療を進める

乳がんの治療をする場合、手術や放射線治療、薬物療法を行うケースがほとんどです。あまりにも進行が進んでいる人は乳房を切除する場合もあります。乳房を切除するということは女性にとってメンタル面でもかなり大きなダメージとなりますが、最近では乳房再建手術も発達しているので、失った乳房を取り戻すことが可能です。基本的に乳がんの治療には手術が必要不可欠となっており、進行が進んでがんが大きくなっている人の場合であれば、化学療法やホルモン療法などを利用してがんの大きさを小さくしてから手術を行う場合もあります。