MENU

万が一のデータ消失の対策

男の人

プロに任せることの重要性

企業では多くの業務をコンピュータで処理し、その処理結果をハードディスクなどの記憶媒体に保存しますが、故障によるデータ消失に備える必要があります。ところがなかなか備えが難しい業務などがあり、中小企業でもデータが消失してしまって、その復元に苦労することがあります。データ復旧するものは、市販のソフトウェアでも販売されているのですが、RAID構成などであれば、対応しきれないケースもあります。その場合にデータ復旧のプロである専門業者が、サービスを展開しており、技術はもちろん蓄積された経験があり、その復旧確率が高くなっています。データ復旧業者は、大抵ホームページにその費用を掲載しているので、IT担当者は事前に確認しておくと、良いはずです。またデータ復旧にかかる期間も掲載されていますし、データが消失したと気づいた時に、やってはいけないことなども掲載されています。こういった情報は、ITの管理者だけではなく、一般の利用者も一度は見ておくと、役に立つ情報になっています。さらに企業で使われているデータというのは、大抵社外秘のものが多いのですが、NDAなどの秘密保持契約を結ぶことも可能です。データ復旧への時間がないケースが多いので、一般的に問題がない内容でNDAが作られていますので、すぐに締結できます。このように業務で重要な情報なデータだからこそ、データがなくなった時には、プロのデータ復旧業者に任せるべきなのです。